Just another WordPress site

ペット火葬

未分類

犬や猫のペット火葬の4つの方法。それぞれのメリットとデメリット

投稿日:

犬や猫、その他のペット火葬には4つの方法があります。

急なことであれば飼い主さんも動揺し、ゆっくりと火葬の方法や時間などを決める時間もないかもしれません。

飼い主さんの仕事の都合やスケジュールなどでどうしても火葬方法が限られることも。

まずはどんな火葬方法があるのかを理解し、自分やペットにあった火葬方法を選びましょう。

火葬方法には主に次の4つがあります。

  1. 家で過ごしながら自宅や近所でできる車火葬
  2. ペット霊園施設での立会火葬
  3. セレモニースタッフに任せる一任個別火葬
  4. 費用を抑えてセレモニースタッフに任せる合同火葬

この記事では、これらの内容を詳しく解説します。

自宅や近所でできる車火葬

車火葬は火葬設備が整った特別な車でペットを自宅敷地内や近所で火葬する方法で、次のような方におすすめな火葬方法です。

  • ペット霊園施設が近所にない。
  • ペット霊園施設まで行くことができない
  • 自宅で育児や家事などしながら火葬したい
  • 高齢者や幼児などの家族全員でお見送りしたい

ただし、屋外で火葬をするためお骨上げをする場合など、天候によっては不自由さが出てくることもあります。

火葬車といっても設備レベルが高く、近所に迷惑をかけるような煙やにおいにも配慮されているためトラブルに発展することもないでしょう。

私の場合は火葬車を利用しました。
霊園が近くにないことと、幼いこどもや高齢者の家族もいます。

全員でお骨上げ・お見送りをしたかったのですが、どうしても霊園に夜中に行くことができない環境でした。

そのため火葬車を利用させていただきました。

夕方からの火葬でしたが、愛犬を火葬車に見送ってからはお骨拾いまでは自宅で家事やこどもの世話をすることができました。

食事やこどものお風呂も終え、片付けが終わってしばらくすると火葬も終わり、全員でお骨上げをすることもできました。

このようなケースでは火葬車による火葬が一番いいのではないかと思いました。
 
 

ペット霊園施設での立会火葬

ペット霊園での立会火葬は、私たち人間の火葬と同じような環境・スケジュールで火葬・葬儀が行われます。

ペット専用火葬炉はもちろんですが、待合室もあります。

出棺からお見送り、火葬後のお骨拾いもできます。
また、そのままペット霊園に納骨することもできます。

天候にも左右されず、環境も整ったペット霊園でゆっくりとお見送りすることができます。

ペット霊園の空き時間とご自身やご家族の都合がつく場合や、ペット霊園まで亡くなったペットを連れていけるようであればこの方法もおすすめです。

セレモニースタッフに任せる一任個別火葬

セレモニースタッフにある程度お任せできるのが一任個別火葬です。

ペット霊園まで亡くなられたペットを連れていき、出棺・お別れまでをご家族で行います。

それ以降の火葬からお骨拾いには立ち会わずにセレモニースタッフにお任せする方法です。

納骨まで一任できるため、ペットとのお別れ後は最後まで残る必要もなく、自宅などへ帰ることができます。

合同火葬ならセレモニースタッフに一任で費用も抑えられる

合同火葬では個別火葬と同様にペット霊園まで送り届けます。その後は火葬が終わるのを待つことなくご自宅などへ戻ることができます。

合同火葬のためお骨が返ってきませんが、火葬はきちんとしてあげたいけど費用は押さえたい方や、野良犬や野良猫がなくなっているのを発見して火葬してあげたいという場合にはおすすめしたい火葬方法です。

コラム:後悔しないお別れをしましょう。

火葬やお別れのやりかたはいくつかありますが、ご自身やご家族と亡くなられたペットにとって、いちばん良い火葬方法は何かをしっかり考えてあげましょう。

お別れは一度きりです。
その子にとって、また飼い主様にとって後悔のないような最善の火葬方法を選びましょう。
そうすることが気持ちの整理をつけるうえでも重要だと思います。

絶対にペット霊園で火葬してあげたいという気持ちがあっても、霊園の空き状況次第では待つ期間が長くなり、その子の身体がかわいそうな状態になることになりかねません。

このような現実的なことも受け入れつつ、お別れの方法を検討してください。

-未分類

Copyright© ペット火葬 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.